2008年10月05日

発言小町 A

5月6日に紹介した、読売新聞のサイトにある掲示板「発言小町」。

それがとうとう本になりました。10月9日竹書房から発売予定だそうです。深刻で重たいテーマから駄トピと言われる気軽で笑えるものまで、20本が収録されているとのこと。

これで発言小町が更に広く世に知られるようになって、更に更に賑わうことになるかもしれません。

最近夢中になったのは、切なくて感動するトピ、「長い片思い」。今年の十大トピ決定だと思います。簡単料理のレシピ満載のお役立ちトピもあります。それから旅行先の情報を調べることだってできるのです。なんだかんだ言っても、小町をチェックせずに寝ることはできない毎日。

それでもやっぱり気にならないことがないわけではありません。相談を持ちかけるトピ主さんに共感するレスがこれでもか!と言うほど続いていたかと思ったら、あっと言う間にそれが翻ってトピ主さん攻撃が始まる。小町を読んで人間不信になる、なんてこともあるかもしれないと思うのは、杞憂でしょうか。一つの方向に偏った意見がその極に達した時、反対側への動きが生まれる。極論から極論へと揺れ動く中で両者を包含した方向性が見出されていく。気にはなるけれど、実はよくあることです。

でも、渦中にあるとそれが分からなくなってしまうのも、よくあること。片足は「発言小町」という激しくうねる海中に浸していても、もう片足は揺るぎない大地をしっかりと踏みしめている。そんな態度が小町を十二分に楽しむためのコツなのかもしれないと思う、今日この頃なのです。
posted by エラノール at 12:27| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。